赤松紋太郎

Montaro Akamatsu

登場作品(時系列順)

ゴング

TWENTY FACE SPINOFF

をとん。

魔姫

パノラマ島奇譚

をとん。

初登場時の階級は警視庁副総監。犯罪者を次々と生む「ゴング」に対して完全保安警察組織「PIPPO」を設立。警察官や司法関係者だけでなく、有能だと判断すれば一般市民や犯罪者をも捜査官として雇用した。「ゴング」との最終決戦では、その正体である神田音色を躊躇なく射殺するという活躍を見せた。警視総監に昇進後も政府要人に対して独自のルートで捜査。人見廣介の暗躍を暴こうとするが、その人見廣介の手で絞殺されてしまう。やがて彼の弔い合戦として、捜査の指揮は中村善四郎が引き継ぐ。

飄々とした立ち振る舞いと時折見せる素顔は、のちの中村善四郎と重なる。彼はこの赤松紋太郎の影響を受けて成長したのかもしれない。

原作での設定

1929年、『蜘蛛男』で初登場。政党出身で、ざっくばらんな性格の警視総監。「蜘蛛男」事件解決のため極秘会議を開く。『猟奇の果』でも再登場するが、目立った活躍は見られない。