中村善四郎

Zenshiro Nakamura

登場作品(時系列順)

ゴング

TWENTY FACE SPINOFF

 

二十面相

TWENTY FACE

片山涼平

その優秀な身体能力と明晰な頭脳が評価され、高校生時代に完全保安警察組織「PIPPO」に引き抜かれた。証人保護プログラムを白紙に戻し罪を償うことを選んだ先代の捜査官、波越正義を逮捕したのも彼である。飄々とした立ち振る舞いだが正義感は人一倍に強く、時にその感情が暴走することもある。やがて長官にまで昇進して、連続殺人鬼「蜘蛛男」と対決。戦友となった「怪人二十面相」との約束で、自分の部下であり彼の最愛の人である戸川真歩に証人保護プログラムを適用。明智小五郎として第二の人生を与える。

「PIPPO」を「ピッポ」と読んだ戸川真歩に対して厳しく注意する場面がある。独特なこだわりがあるのか、あるいは「PIPPO」に対して並々ならぬ誇りを持っているのか。ちなみにこの組織名の由来は原作で明智小五郎の伝書鳩として登場する「ピッポちゃん」からきている。

原作での設定

1936年、『怪人二十面相』で初登場。肩書きは警視庁捜査一課の係長となっている。警視庁の鬼と呼ばれるほどの人物で、明智小五郎と共に「怪人二十面相」と幾度も対決を繰り広げる。